1. トップページ
  2.  > 
  3. 会社案内
  4.  > 
  5. 会社沿革

会社沿革

天保2年(1831)

創業。


昭和46年(1971)

本草製薬株式会社(天白工場)を設立。


昭和52年(1977)

天白工場に開発部門として試験研究室を設立。


昭和55年(1980)

緑工場を新設し、ハトムギ等の健康食品専用工場とする。また、国際部を新設し、原料調達部門として中国貿易を開始。


昭和56年(1981)

医療用漢方製剤として24品目が薬価収載。


昭和58年(1983)

医療用漢方製剤10品目が薬価収載。合計34品目となる。


昭和59年(1984)

藤前物流センター新設。


昭和63年(1988)

医療用漢方エキス製剤GMP開始。


平成元年(1989)

三輪薬品㈱を吸収合併したこと等により、医療用漢方製剤は合計40品目となる。また、旧三輪薬品工場を犬山工場とする。


平成2年(1990)

犬山工場に日本初の遠赤外線生薬乾燥機導入。


平成4年(1992)

犬山工場にGMP対応の医療用漢方製剤最終工程ライン完成。天白工場にGMP対応の医療用漢方造粒ライン完成。


平成19年(2007)

6月1日、㈱AFC-HDアムスライフサイエンス(ジャスダック証券取引所証券コード:2927)グループ入りし、新生 本草製薬株式会社として再出発。


平成29年(2017)

犬山工場内にジェネリック医薬品製造工場を新設。
アメリカ企業との貿易に伴い食品医薬品局(FDA)の査察を受け安全性が確認される。


平成31年(2019)

医療用緩下剤アローゼン(先発薬)の後発薬ピムロ顆粒(ジェネリック医薬品)を発売。
商品管理及び物流効率の為、物流拠点を藤前から犬山に移設。